注意事項

フローリング使用上の注意点とメンテナンス

使用上の注意点

  • 日常生活により、やむを得ず発生する細かい傷、塗装面の日焼けや摩耗、軽微な隙間などに関してはご容赦ください。
  • 土足で使用される場合は、使用期間に関わらずヒール傷、小石などによる引っかき傷、雨水の影響による膨張などが避けられないことをご了承ください。
  • 水や醤油などをこぼした場合、放置しておくとシミや割れ、塗装面の剥がれが生じる原因となりますので、そのまま放置せずに速やかに拭き取ってください。
  • キッチンや洗面脱衣場などの水回りや雨水が吹き込む恐れがある場所、結露による水分が発生する場所は、フローリングが湿気を吸収して表面が膨張、劣化する可能性がありますので、十分換気を行ってください。
  • 温風ヒーターやホットカーペットなどの暖房器具から放出された熱が過度に加わると、その部分が割れたり、隙間が生じたり、変色したりする原因になりますので、ご注意ください。
  • 市販の粘着テープは、時間の経過とともに粘着力が強くなり、剥がす時にフローリングの表面を傷める可能性がありますので、ご使用はお控えください。
  • テーブルや椅子を引きずると、フローリングの表面を傷めることがありますので、脚元にフェルトを張ることをおすすめします。また、キャスター付きの椅子は、表面が傷ついたり、破損する恐れがありますので、ご使用はお控えください。
  • ピアノや大きな家具を設置する場合は、下地強度など構造上の問題がありますので、事前に施工店様にご確認ください。

メンテナンス

クリアの場合
  • 表面の埃や塵を掃除機で吸い取った後、固く絞った雑巾で水拭きしてください。汚れがひどい場合には、中性洗剤を水で薄めてご使用ください。
  • しっかり絞っていない雑巾で水拭きすると、フローリングが膨らんだり、反り、割れが生じる場合がありますのでご注意ください。
  • 半年から一年に1回、木質系フローリング用樹脂ワックスを掛けていただくと、美しい状態が保たれ、年々味わい深くなっていきます。
オイルの場合
  • 表面の埃や塵を掃除機で吸い取った後、乾いた雑巾で空拭きしてください。汚れがひどい場合には、専用のクリーナーワックス(フロアービーズワックスなど)をご使用ください。
  • しっかり絞っていない雑巾で水拭きすると、フローリングの表面が毛羽立ったり、白く濁ったりする場合がありますのでご注意ください。
  • 半年から一年に1回、仕上げに使用した同じオイル、またはフロアービーズワックスを上塗りしていただくと、美しい状態が保たれ、艶や風合いが増していきます。
  • オイルが染みこんだ布は、そのまま放置しておくと自然発火する恐れがありますので、水につけた後処分してください。

メンテナンスワックス

使用上の注意点

天然素材100%の木質系フローリング用ワックスで、汚れ落としと同時に撥水、ワックス効果も得られます。
原材料となる植物は、農薬や化学薬品を一切使用しない契約栽培によって作られているため、小さなお子様やペットがいるご家庭でも安心して使用できます。

使用方法
  • ワックス30mlに、ぬるま湯または水1Lの割合で希釈し、よくかきまぜてください。
  • 絞った布で床全面を拭き、完全に乾くまで30分位放置してください。
  • 乾燥後、カラ拭きするとツヤが増します。
  • 使用後の液体は分解しますので、土に撒いてください。
  • クリア塗装・オイル塗装、どちらの仕上げフローリングにも使用可能です。
attention-image1
成分

水・カルナバロウ・蜜蝋・亜麻仁油スタンド油・亜麻仁油・オレンジオイル・ダマール樹脂・ミルクカゼイン・ホウ砂・ホウ酸・メチルセルロース・ローズマリー油・ユーカリ油・珪藻土・植物アルコール

  • 目立たない場所で試し塗りを行ってください。
  • 塗装されていないフローリングへのご使用はお止めください。
  • 容器を密閉し、乾燥した冷暗所に保管してください。
  • 表示成分にアレルギーのある恐れの方は、事前に皮膚科の医師へご相談ください。

メールフォームはこちら
お気軽にご相談ください