スタッフブログ
カテゴリー

2014.11.28

いろいろな木材の使われ方②

皆さん こんにちは! 営業部 川口です。

このブログを読んでいただく頃は、もう12月…

最近、よく感じるのですが、年々、1年の経過が早くなっています(汗)。

 

さて、今回は、野球好きな方もたくさんおみえかと思いますので、

ベースボールバットについてお話しさせていただきます。

 

バットに使用できる樹種は、それほど多くありません。

言い換えると、求められる要素を満たすことができる素材が少ないとも言えます。

私は、観戦オンリーですが、思うに必要なのは、・強度・しなり・耐衝撃性・耐久性

・安定供給などではないでしょうか。

 

バットに使用される代表的な樹種は、イチロー選手が好んで使っていることで知られる

アオダモですね!

上記の条件を満たし、さらに比重がそれほど高くないので、バットコントロールが

しやすいそうです。木材のプロからすると、決して軽いとは言えない木材ですが、

プロ野球選手の筋力はすごいのでしょうね!

一つ問題なのは、バットに使用できるまでに成長するには、70年を要するとされて

いて、最近では、良質なアオダモが減少しており、プロ野球会などで植樹がおこな

われているそうです。

yjimageCAR7NZXB

また、パワーヒッターが多いメジャーリーガーは、ハードメープルを使用している選手が

多いようです。アオダモと比較すると、比重が高く、堅いため、ボールを遠くに飛ばすのに

優れています。

写真 3

ホワイトアッシュも、多くの選手に愛用されています。

見た目はアオダモと似ていますが、性質は異なり、アオダモと比較するとしなりが

少ない反面、強度には優れているため、速いボールを打ち返すには適しているよう

です。

資源が豊富にあることも魅力ですね。

写真 2

今年1月に惜しまれながら引退された、ミズノのバット職人 名匠 久保田さんは、数多く

の名選手のバットを削ってこられましたが、ご自分は、一度もバットでボールを打った

ことはないそうです。

私も、これまでたくさんの無垢フローリングを販売させていただきましたが、自宅の

フローリングは… ご想像にお任せします(笑)。

 

 

こんな記事も書いています

メールフォームはこちら
お気軽にご相談ください