スタッフブログ
カテゴリー

2015.08.22

日本の社会について考えてみました。

いつもお世話になっております。

業務部 単 蘭朋(タン ランホウ)です。

 

私は、2009年に日本へ来ました。

もうすぐ7年目になりますが、中国出身の私にとって、日本の社会に慣れたこと、

まだ慣れないことがあります。

日本の社会には、世界各国とは異なった習慣があると聞きます。

 

日本は、地続きで国境がありません。

異文化と異民族によって支配を受けた経験が無く、国籍、人種、宗教、言語、

生活様式などは、本州、北海道、九州など関係なく、どこでも似通った社会を

形成しています。

日本社会は、細かいタテ関係によって分けられており、例えば会社の場合、

同じ実力をもつ社員でも、年齢、入社時期、勤続年数によって序列があります。

よって、日本人は、自分の序列がどこ位置しているか常に意識して行動しています。

言葉に尊敬語や謙譲語が存在するのもそのためです。

結婚式の席順や、スピ一チの順番までもが、序列を意識して行われており、このような

体制が日本の集団主義を支えていると言えると思います。

写真1
小学生の子供たちが、先生と朝会った時は、まずお辞儀をし、挨拶をしているのに

とても驚きました。

中国には無い習慣で、思わず写真を撮ってしましました^^。

写真2
こちらは、終点まできた新幹線を、短時間で効率よく清掃するために、一列に並ぶ

掃除する方々です。

新幹線から降りた私は、とても驚きました。

快適に車内で過ごしてもらいたいという精神が素晴らしいですね。

こちらも中国には無い習慣だったので、撮影しました^^。

 

これまで日本に来て、分からないことや、理解できないことが数多くありました。

しかし、日本で生活し、仕事をさせていただくことに日々感謝し、何事もあきらめず、

社内でよりたくさんの仕事が出来るように頑張りたいと思います。

皆様、今後ともご指導の程、宜しくお願いいたします_(._.)_。

メールフォームはこちら
お気軽にご相談ください