スタッフブログ
カテゴリー

2016.05.01

大名古屋ビルヂングには、木材がいっぱい!

皆さん こんにちは!

営業部  川口雄介です!(^^)!

 

先日、2020年  東京オリンピックのエンブレムが決定しましたね!

デザインされたのは、デザイナーの野老(ところ) 朝雄さんという方です。

後で知ったのですが、大名古屋ビルヂングのファサードデザインも野老さんが

された案件とのこと。

0001
ちょうどこのブログのために、大名古屋ビルヂングのことを調べていたのですが、

何だか嬉しいですね(^o^)

 

大名古屋ビルヂングは、緑の少ない名古屋駅周辺に潤いを与えるため、伊勢丹さん

が入っている低層棟を緑の丘に、高層棟の外観を大樹に見立てて「緑の丘の上から、

空に伸びる大樹」のコンセプトでデザインされています。

当社ショールームに、緑はそれほど多くありませんが、木材の使用量については、

このビルの中でも随一ではと自負しております!(^^)!

 

大名古屋ビルヂングの設計コンセプトに倣っているためか、中に入っているテナントさん

の内装にも、かなり多くの木質建材が使用されています。

1
3
このような大規模建築物の内装(壁面 及び 天井)に木材を使用する場合、ほとんど必ず

と言っていいほど要求されるのが「不燃材料」です。

 

弊社でも、難燃薬剤を注入した不燃木材、火山性ガラス質複層板に0.2mm単板を張った

不燃ウォールを扱っております。

意匠面や施工場所、部材デザインによって、商品をご提案させていただきます。

 

ご入用の際は、是非ご相談くださいませ<m(__)m>

こんな記事も書いています

メールフォームはこちら
お気軽にご相談ください