スタッフブログ
カテゴリー

2016.08.16

紫外線が気になる季節

皆さん こんにちは!(^^)!

営業部 川口です。

 

今年の夏休み、私は、例年よりも忙しく、予定でいっぱいでしたが、

皆さんは、いかがお過ごしでしたか?

 

どこに居ても暑い毎日ですが、わが家は、この機会を利用して、日本の中

でも暑い地域として名高い京都に出掛けてきました。

 

画像で紹介するのは、京都東インターから、車で10分位のところにある

将軍塚 青龍殿です。

FullSizeRender
お寺の素晴らしさもさることながら、 青龍殿は山のてっぺん位置しており、

展望台もあるので、京都の街並みが一望できます。

 

私は、趣味でゴルフをするので、今はシーズン真っ盛りの一番楽しい時期なのですが、

一日中外にいるため、紫外線対策をしておかないと、日焼けやシミが気になります。

(すでにオジサンではありますが…)

紫外線に肌細胞をやられてしまうと再生が困難らしいですね。

 

FullSizeRender (1)
人間の肌ほどデリケートではないと思いますが、木材にとっても紫外線は天敵です。

画像は、青龍殿にある展望台で、ご覧のとおり、ハードウッドでデッキが作られています。

(おそらくマニルカラ か ウリン)

 

調べたところ、こちらは、2014年 10月に完成したようですが、わずか2年弱で

すっかりシルバーグレイに退色していました。

 

7217A783023C462B8B55206D0D2C40DA_L[1]
こちらは、完成時の画像

 

シルバーグレイに退色した木材も味わいがあっていいのですが、施工した時のまま、

きれいな色でいてくれたら、それも木材の楽しみ方の一つだと思います。

外部に使った木材の色を保つには、人間と同じようにUV対策が重要です。

特にウッドデッキは、太陽光線を真上から浴びるため、外壁よりも紫外線の影響を受けやすい

ので、施工時に木材と同系色の塗料を2~3回重ね塗りすることをおススメします。

 

外部の木材にとって、水分も天敵になるので、塗装は、木口や裏面もキッチリおこなうことが、

木材を長持ちさせてくれるコツです。

 

京都は、木材との関わり合いが深い場所なので、次回ブログでも木に関する興味深いネタ

をご案内させていただきます<m(__)m>

こんな記事も書いています

メールフォームはこちら
お気軽にご相談ください