スタッフブログ
カテゴリー

2016.08.21

『普段出来ないことを』

皆さん こんにちは(*^_^*)

販売促進部 山田ゆき子です。

今年の夏季休暇は、例年より長かった為、充実した休暇

をとることが出来ました。

皆さんは、いかがお過ごしでしたか?

 

わたしは、まずは自身の体や心、頭をしっかり休ませ、

リセットすることが出来ました。

 

そして、「普段出来ないことをのんび~りしよう」と

読書や映画鑑賞、岩盤浴、お友達とランチ、娘と英会話、

ランニング、浴衣を着て盆踊り参加、家族旅行、テニス、

自宅の断捨離、子供の勉強にトコトン付き合う・・・

目一杯しました^^

 

連休最終日は、翌日からの仕事が120%出来るよう、身体を

切り替え準備して、お陰さまで連休前よりPOWER UPした

山田ゆき子で またお仕事させていただいております(^-^)

 

連休中に、愛知県半田市にある「赤レンガ建物」に行ってきました。

山田1
半田赤レンガ建物は、明治31年(1889年)にカブトビールの

製造工場として誕生。

明治時代に建てられたレンガ建造物としては、日本で五本の指に

入る規模を誇り、ビール工場の遺構は、現在数が極めて少ない為、

その意味でも貴重な建造物ということです。

山田2
安定した温度や湿度を必要とするビール工場として建てられ、現在

ではほとんど例を見ない、中空構造を持つ複壁や多重アーチ床など、

極めて特徴的な構造が特色です。

 

建築面積 2786.99㎡

延床面積 4979.51㎡

文化庁登録登録有形文化財

経済産業省認定近代化産業遺産

 

残念ながら室内は撮影が禁止で、写真を撮ることが出来ません

でしたが、煉瓦造、木造の建物構造で、幻想的でゆったりとした

居心地の良い空間でした。

 

この中にはカフェがあり、その雰囲気ある空間で復刻した「生」の

カブトビールが楽しめますので皆さんもいかがでしょうか^^

(明治33年(1900年)パリ万博博覧会にて金牌を受賞!)

 

大きなビール樽の展示もありましたが、復刻して再製造されたもの

で、残念ながら木製ではありませんでした。。

 

半田赤レンガ建物のように、「ものづくりの心を伝え、ひとともの

がつながる場所」として皆様に愛されるよう、弊社のショールーム

「muku plus」も 今後も努力してまいります。

皆様のご来場をお待ちしております。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

muku plus【興亜通商ショールーム】

名古屋市中村区名駅3-28-12  大名古屋ビルヂング11階

(ハウジング・デザイン・センター内)

TEL 052-589-1788/FAX 052-589-1789

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

メールフォームはこちら
お気軽にご相談ください