スタッフブログ
カテゴリー

2013.09.18

浅草文化観光センター

こんにちは! 営業部 川口です。

9月に入って、ようやく涼しさを感じるようになってきましたね(^o^)。

日中は、相変わらず暑いですが…

今回のブログでは、出張中に見かけた木材をふんだんに使っている

建築物を紹介します。

IMG_9152

名称は「浅草文化観光センター」、場所は東京都台東区で有名な雷門

の斜め向かいに建っています。

この建物は、日本で最も有名な建築家の一人、隈研吾先生の作品です。

地上8階建てで、全ての階層外部に木製のルーバーが取り付けられています。

聞くところによると、このルーバーは「不燃材」で作られているとか…

隈先生は、今までにない形で木材を建築に取り入れられているという印象を

持っていましたが、まさにこの建物もそうでした。

ルーバーのサイズはかなり大きめで、制作や取り付けはどのようにして行ったのか???

想像できないことがたくさんあります。

IMG_3175

近くで見るとなかなかの迫力ですよ。(落ちてこないかちょっと心配)

雷門前ということで、常にたくさんの人の往来がありますが、しばらく観察した

感じでは、この建物に注意を払っている人はほとんどいないような(汗)。

内装にも、杉の羽目板や枠材が使われていて、外国のお客様には日本が持つ

「和」のイメージが伝わるのではないかと思いました。

東京に行かれた際は、ぜひ一度お立ち寄りください。

IMG_1312

この写真は、8階の展望室から撮影したものです。

こんな記事も書いています

メールフォームはこちら
お気軽にご相談ください